珈琲や たなか 日より

tanacafe.exblog.jp

秋の夜長にピアノの音色

秋の京都
豊臣秀吉の正室 ねねさんが晩年暮らしたところ
もしかして同じように秋のよるお庭を眺めていたやもしれぬなぁ。
…とずっとずっと昔に想いを馳せながら縁側に座って
ひと時をぼんやりしていました。
f0232767_2352012.jpg

久しぶりに聴くピアノの音色
300年前のピアノはとても深い赤茶色。
f0232767_2341825.jpg

場所は400年の歴史をもつ
京都 高台寺圓徳院。
f0232767_2344261.jpg

演奏者は川島基さん。
ピアノの音色はこんなにも軽やかなものだったのだろうか
久しく生で聞いていなかったので
すっかりと忘れている。
そして川島さんのしなやかでそれでいて力強い指が
鍵盤に触れるたびに
鍵盤で弾むたびに奏でられる曲が心に響く。

少し高尚になれた気がします。
f0232767_235173.jpg

[PR]
by coffeeya-tanaka | 2011-10-19 09:10 | パティシィエのあれこれ